PMAカンパニー
鎌ヶ谷、白井不動産 債務整理・任意売却

M様 債権者が複数存在した複雑なケース 

当社からの資料を見てご来店頂いた時には既に競売開始決定公告がなされている状態でした。事情をお聞きしたところ、今まで数種類の任意売却に関するダイレクト封書は見たものの、なかなか踏ん切りが付かないまま放置していたとの事。 M様いわく、弊社からの資料は、解りやすく安心感があり、各種借入の債務整理斡旋から、引っ越し手配、遠方不動産の無料査定から実際、売却まで、トータル的に手伝ってもらえるのではないかと思いご来店されたとの事でした。 状況をよくお聞きしたところ、所有不動産を担保に既に3社以上の借入をしており滞納中とのことです。早速、不動産登記簿謄本を確認したところ、やはり、ローン借入債権者の抵当権が3つ設定されており、そのうち一つは差押え登記がなされておりました。その他にもカード等の借入が数社あり、滞納中の複雑な状況です。弊社独自の管理表に詳細を書込み整理したのちに、各債権者1社づつ確実に話をつけていき、最終的には、弊社で作成した配当分配表で納得され販売を始めました。 借入先が多い場合、販売中に追加で担保設定や差押え仮登記などが設定される可能性がある為、慎重かつ迅速に売却を進め、競売開始決定ギリギリ一歩手前で、無事、売却することができました。 あと、ほんの少し遅れていれば、競売となり、最終的には強制執行になったかと思うと、ご本人もそうですが、私達も緊張つづきの事案でした。

S様 競売を間逃れ、住み続けられたケース 

弁護士事務所より連絡があり、既に、競売寸前の状態だが、他の借入等は債務整理 するので競売を避け、今の家にそのまま住ませてあげる方法はないかとのご相談を 受けました。 弁護士事務所にて先生立会いのもと、本人にお会いし、様々な角度から何とか方法 を見いだせないかと2時間以上、お話しをさせて頂いた結果、親戚の人に今の家を ローンを組んで購入して頂き、その親戚から賃貸として、そのまま住み続けるご提 案をさせて頂きました。 将来、生活が安定向上したのちには、その親戚より買い戻すという事前承諾を取り 付け、早速、債権者サービサー(住宅ローン債権最終受託者)へ掛け合い、価格査 定を済ませ承認をとり即、親戚の借入ローン手続き後、正式内定が無事降りました。 親戚の方との賃貸借契約書も弊社で作成し、正式に賃貸契約を結ぶ形で現在でも、 そのまま住んでおられます。この様な方法をリースバックといいますが、諦めず何 とか方法を探しだし、当初のご希望に沿えた結果でお役に立て本当に良かったです。 ご家族みなさんに明るい笑顔が戻ったことが印象的でした。

K様 税金滞納により差押えがされていたケース 

4年前に弊社担当がお世話させて頂き、購入された新築戸建住宅にお住まい方から、日突然、暫くぶりの連絡があり、この不景気でご主人様が職を失い就職活動はしながら毎月10万円の住宅ローンは払えず、既に半年程、返済を滞納している状態とのことでした。 奥様は必死に夜も仕事に出かけ3歳の子供と家庭を支える厳しい日々の中、もう限界なで、今後どうしたらいいのかとのご相談を受け、早速、全ての債務を確認し、ご自宅の動産登記簿謄本を確認したところ、税金 未納で自宅に差押えが付いている状況でした。 早速、借入金融機関(住宅支援機構、差押市町村)へ連絡を取り付け、任意売却の承諾得て、至急販売を始めましたが、思ったより買手が見付からず、4ヶ月が経過してしまました。 その後、再度、債権者へ数種類の根拠資料を提出後、価格の値下交渉をし、ようやくが降り、新価格で全国の不動産会社(136.000社・H23年9月時点)へ公開し、販売協力仰いだ成果もあり、買手が見付かり ました。買主様へは売主の諸事情を説明し、期間を待って頂くなど、多少ご負担をお掛けしましたが、 無事、売却も済み、現在では実家のご両親の元で再スタートをされております。